運送業システムの導入をお考えの方、必見!

こちらのサイトでは、運送業のシステムに関することを紹介しています。
初心者でもわかりやすいように基礎知識や仕組みなど初歩的な部分を紹介しているだけではなく、実際の具体的な業務やビジネスモデル、職種に関することも解説しているところがポイントです。
このためこれから運送関連の仕事に就きたいと思っている人や、運送関連の業務や運んでいるものなど疑問に思う点がある人にとって、役立つ知識がたくさん紹介されています。

運送業の基礎知識や仕組みを初心者にも分かりやすく紹介

運送業の基礎知識や仕組みを初心者にも分かりやすく紹介 運送業の基本的なシステムとしては、まず自社から荷物を直接運送するのではなく、得意先の会社などから荷物を受け取って運ぶという仕組みです。
得意先から荷物の受注依頼が届くので、指定された日時と場所に出荷するための指示書などの必要書類を作成します。
そして手続きに応じて出荷準備を行い、実際にトラックを利用して運搬するのです。
ただ運送業は荷物を届ければいいというだけではなく、出荷準備や納品の際に荷物に問題はないか、指定された量や種類が届けられたかどうかなど不備がないかどうか確認しなければいけません。
さらに受け取ってすぐに運搬しない場合は倉庫で管理しなければいけないので、商品の品質管理も基本的なシステムに組み込まれています。

押さえておきたい運送業システムを導入する目的

押さえておきたい運送業システムを導入する目的 運送業システムとはどんなものなのか疑問に思ったことがある人も多いでしょう。
今回導入する目的について解説するので、是非参考にしてください。
運送業システムを使うことで、作業を効率化することが出来ます。
最適な運航計画を立てることも可能です。
受注入力が事前にできるので、運行データを運送業システムで取り込めます。
ですので、入力作業が減ることで負担が減り、ミスの多い請求書発行も間違えることなく発行できます。
また、車両別の燃料管理もできるので、燃費の把握が出来ます。
これは、GPSが搭載されていれば、ロケーション情報から車両ごとの位置を正確に把握できるからです。
コストダウンだけでなく、売り上げアップにも繋がります。
さらに、車を運転するドライバーの安全意識を高まり、事故が起きる確率も減ります。
スピードが超過した時や急発進、急減速は記録できるようになっているためです。
運行時間が管理できるようになると、運行状況を会社側が確実にはあくできるようになります。
そうすれば、安全で安心できる配送スケジュールを立てることが可能です。
導入費と月々の費用が掛かりますが、それ以上に管理が簡単になるため会社の利益アップに繋がります。

運送業界の歩合制の給与システムの特徴とは

運送業界でドライバーとして活躍する人たちは、様々な条件で働いています。一般的な運送業界の正社員のドライバーは月給制あり、残業時間や企業の業績アップで給料やボーナスが増えることが多いです。
一方で個人事業主が運送会社からの仕事を請け負う場合には、収入は歩合制になっているのが一般的です。仕事量が増えると収入も連動して増加するのが、歩合制の収入システムの特徴です。したがって意欲的に仕事に取り組むほど、月々の収入が増加します。けれども運送会社から提供される仕事の量が減ると、ドライバーの収入がダウンするのがデメリットです。そのために個人事業主として活躍するためには、良い取引先を見つける必要があります。フランチャイズに加盟して安定した仕事を供給してもらうと、独立した場合でも収入の安定性が高まります。そして保有する車両を増やしてビジネスを拡大すると、収入のアップでゆとりのある暮らしも実現することができます。

運送業会初のボーナス支給!新しい風が吹く!

以前までは運送会社側はトラック運転手に対してボーナスを支払っていませんが、現在は人材不足の影響でトラックの運転手を対象として年2回のボーナスを支払っているので、トラック運転手の給料が上がったと言えます。
全てのトラック運転手に対して支給しているのではなく、各ドライバーの実績によって支払金額を決めているので、普段から真面目に仕事をする必要があるでしょう。運送業会に新たな取り組みが始まったことがキッカケで運送業会に新しい人材が増えているので、今後の運送業会は非常に盛り上がること間違いありません。運送業会へ新規の人材が入ることで大量の荷物を簡単に配達することが出来るメリットがあります。ですが、大型トラックに乗務するためには大型免許証が必要となるために、運送会社側にも金銭的な負担を背負うこととなるでしょう。金銭的負担がかかっても特に助成金などはありませんが、新型コロナウイルスに関する助成金は活用することが出来ます。

運送業で給料を上げる方法は、たった1つ!

運送業会は高収入と言うイメージがありますが、一言に運送業会と言っても仕事内容が異なるので給料面の大きく変わってきます。
トラックの運転手でも地場と中距離と長距離と分かれていますが、一番低収入となるのが地場となり、一番高額になるのが長距離となるでしょう。地場の運転手は県内や都内や府内と言って会社がある地域のみの運送を担当している運転手となるために、給料面は低くなる傾向があります。対して長距離は全国を走り回って荷物を運送しているので、必然的に拘束時間が長くなるので必然的に高収入になるでしょう。担当する役割のみではなくて普通免許証で4t未満に乗っている人よりも大型免許証を持って大型トラックに乗っている人の方が高収入となりますが、これは、大型トラックは一度に大量の荷物を運搬することが出来るので、会社側も高収入を渡すことが可能です。そのため、多くの運転手は大型トラックでの長距離運転手になることを夢見て仕事をしています。

運送業会は人手不足で悩んでいる・・・その原因は!?

現在は新型コロナウイルスの影響で自粛する家庭が広がっているために多くの人はインターネットを利用して買い物をしていますが、インターネットを利用して買い物をした場合には荷物を配送している運転手も必要になります。
運送会社側も大量の荷物を配送するためには人材も必要となるのですが、運送業会に入る人が大変に不足しています。運送業会が人手不足になっている原因としては給料面と仕事内容が見合ってないことになりますが、運送業会で高収入を得るためには長距離の運転手となる必要がありますが、長距離トラックの運転手になった場合には長い間自宅へ帰宅することが不可能なためにトラックの中での生活になるでしょう。現代の人にとっては自宅へ帰宅できない環境で仕事をすることは考えられないので、運送業会へ入ろうとする人材がいません。自宅へ帰宅できるのは定休日だけとなるのですが、家族がいる場合には長い間家族へ会うことは出来ない状態となるでしょう。

運送業会への就職は大型免許証が有利になる

運送業会に入るには普通免許証があれば基本的に入ることが可能となっていますが、普通免許証で運転できるトラックの大きさは4tまでとなっているので、仕事の幅が狭くなります。中小企業の運送会社なら普通免許証のみで良いのですが、大手運送会社へ就職する際には大型免許証を取得していると全てのトラックに乗務することが出来るので、非常に有利になるでしょう。
運送業は乗れるトラックを限定して人材を採用するよりも、どんなトラックでも乗ることが出来る人材を確保した方が仕事を回しやすくなります。大型免許証は入社後に取得することが出来ますが、その場合にはある程度に年数を会社側に縛られることになるので、縛りがなくなる前に退職すると自動車学校の学費を全額返済することになるでしょう。縛りがキライな人は入社前に自腹で自動車学校へ通って、免許証を取得する傾向があるようです。運送業会は運転免許証で仕事をしているので、全ての自動車へ乗れる免許証があることで有利になります。

●運送業システムについてもっと知りたい方はコチラ●

運送業システムを検討中の方へ